花火の思い出

00000024_convert_20170730062225_20180105054859aa0.png  

元旦の冬の夜空に ドドーンと
上がっていたのは北朝鮮の花火でしたが、
冬の花火は日本では あまり馴染みがないようで北朝鮮の 
豪華な?花火に驚いたものの・・・ 花火と言えば
私にとっては故郷である「江ノ島の花火」

今ではどうか分かりませんが当時はドドーンと単発
ばかりで隅田川やら有名どころの花火大会とは違い、子供の頃には 
それでも感動したものでしたが 時代が今とは
違うのかもね~~・・・





s-tsubaki003-11-1a.jpg 


江の島と言えば小田急線の「江ノ島駅」が
オリンピックに向け、大幅改修工事が行われると聞きました。
完成は2年後と聞いていますが。あの独特な竜宮城をイメージしている
駅のこと。「1929年に建設」だそうで、私の生まれるずっと前。

一体誰が考えたのか江の島に「竜宮城」を
持ってくるとは凄い発想、イメージ力に感心します。
まだまだ小さいころなどは 奇妙にさえも感じたけれど・・・

↓ こちらが新しく出来る「新駅舎」だそう。

fc2blog_201801050628364f1.jpg 
(日本経済新聞さんから お借りしました)

江ノ電の「江ノ島駅」は「海」まで軽い坂道を上り
10分ほどは土産物屋に挟まれた、狭い通りを歩くのが嫌で 
友人たちと出掛ける時は小田急線を利用した。

何と言ってもこちらの駅は 駅舎を出ると
目の前に海が開けているのも魅力のひとつ・・・ ♪

去年母の“納骨”だったか、叔母に面白い話をききました。
その昔、家族そろって花火を観に行った時の話だそうです。
出掛ける時には犬を連れ 江ノ電の3,4駅を歩いて出掛けて行ったとか。
が、帰りになって全員疲れて“ワンコ”は置いて江ノ電に乗り帰ったそうで
可哀想な そのワンコ「その後帰ってきた」とか言ってましたが
どのようにして帰ってきたやら?不思議です。

今となっては遥か昔の思い出になり
けれどもヤッパリ名前を聞いただけでも懐かしい。
この先はきっと 江の島どころか、墓参りにも行かれないかも・・・

自分の墓の心配を しておいた方が宜しかろうか?
(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)uhehe

感動のお裾分け~&ちょっと手抜きと・・・ (^_-)-☆

 


s-flower1735_201712250147153c7.jpg 

「趣味は?」と聞かれて
手芸とベランダ園芸です~・・・な~んて答えていたのは
いつだったかな。すっかり遠くなりました。

目は悪くなり 手先は不器用
おまけに“力”も 無くなった。(இдஇ; )ショック
これでは 趣味などないに等しい!

代わってスマホがあるではないの?ところが
近頃こちらも見難くなって、タブレット型が欲しくなり~
が この先何年使うのか?とチョイと駆け引き?
しています。 (ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)


今日は先日の感動を お裾分け~
という訳で こんな曲。
拍手が鳴り止まなかった あの曲ですね。


 

・・・大晦日まで頑張って書きたい私。

あらら!? 嬉しい拍手コメントが。 ( ◠‿◠ )
「Iさん」ありがとうございました。 
「Mさん」訪問 拍手ありがとうございます。  
「Dちゃん」いつもありがとね~・・・

こちらでお返事 簡単に~ へへ! _(._.)_
感謝の至りでございます。 ♪


又一つ 青春時代の思い出が消えた


109-hana_convert_20150405170922_2017041522435350a.jpg 

先日「ペギー葉山さんが亡くなっていた」と
テレビで知った。 十代の頃はファンでした、今もですけど・・・
青春時代が始まった頃の 想い出の曲。

その中で特に好きだった曲。「ラ・ノビア」






(10代の頃 聴いていたのは「トニー・ダララ」のメロディーでした)

中学生の頃だったかな・・・
このメロディーと この詞とにすっかり感動したものでした。
ホルン?の音色に 哀愁をとても感じます。
サンレモ音楽祭だとかカンツォーネとか、すっかり聞かなくなりましたけど
今は一体 どうなっている???


  ペギー葉山さんの83歳の死だなんて 今時早過ぎる?でないの。
ご主人の根岸淳さんは2005年、糖尿病からの合併症で脳梗塞であったとか。
彼女はそれまで歌手活動の傍らずっと 看病していたのですねぇ。
知ってる人が近頃だんだん居なくなるって何だかなぁ・・・
非常に空しい感じがするね。

近頃気になるネットの広告

 

3-4tekagami-sakura_convert_20160221005748_20170303043435f7e.jpg 

ネット検索していると時々目につくネット広告。
普段であれば「思い当たる節もある~」と通り過ぎてしまうもの
が、近頃気になる・・・と言うよりは失礼しちゃうね!

「自筆遺言所作成キットプレゼント中」だとか
「自分で買いに行くのが恥ずかしい・・・」、何の事かと思ったら
「紙おむつ」ですと。 (; ・`д・´)

ったくもう!!!  ムカーー!
10年 早いワ。

とは言うものの いずれは来るのでしょうかね?
子宮筋腫で手術になって意識のない時 私も使ったらしい紙オムツ?・・・
自宅へ戻り 押し入れにどっさり入っているのを見付けて
娘にきくと どうやら大量に買わされたらしく
その残骸が残っていたという訳でした。



150-57368690_220x220_convert_20170313142052.jpeg 


捨てようとした私に 娘が曰く「いずれ使うのだから
取っておけば」と事も無げにのたもうた。又々ムカー!としたものの
悪気でいってる訳でなし、と受け止めた。

40代か50代の境目あたりでありましたっけ・・・

病院側は重症患者と判断したのか、最初は個室で看護婦さんが出たり入ったり
していた様な、脈拍計?などシッカリ腕に巻き付けられて 監視下のもと
子宮全摘手術を受けて、危うくあの世へ行く所だったあの頃は。
三途の川を渡る途中で、向う岸にはお花畑が!


娘の声で 夢から醒めた。


色々な事を経験し、沢山の人にお世話になって
何とか自分は ここにいる。
この先もまだ 経験する事あるのでしょうかね・・・


君たち会話は出来てるの?

 

yjimage (26) 


何の気なしに検索していたYouTube。
我が子らが二人 赤ちゃんの時を思い出しました。
偶に会う、息子はすっかりオジさんで、娘もすっかりオバさんに・・・

親の欲目か二人とも とっても可愛かったです。 (^_-)-☆
双子だからか?小さい時から親には分からぬ言葉を使って必死に会話をしてました。
ほら ↓ こんな風~~




みていると
お互い分っているのかな? と首を傾げてしまうほど。

食事の時間も お子様用の椅子に座って、二人で会話?
親にはちっとも分かりません。
30分ほど時間をかけて会話?をしながらゆっくり食事。
みている方はイライラと!

お腹の中から一緒にいたから 全て分っているのかなぁ・・・が
親からみれば そんな風。双子はホントに不思議です。

この時期は目まぐるしくはあったけど、手のかからない二人でしたね。
この映像、我が子らに余りにそっくりでしたので、昔の事を頭に浮かべておりました。
こんな時代もあったんだ!?ってね。遠い昔になりました。


Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

そらまめ

Author:そらまめ
日記代わりのブログです。時々
体調が悪くなる為、コメント欄は
閉じてることもありますが、そんな
時には「拍手コメント」をご利用ください。
勝手にリンクさせていただいてます。
不都合であれば お知らせください。
リンクはフリーでございます。

こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
相田みつを美術館
マウスにじゃれるよ!!
瞬間視力でドン
今日の月齢
Today's Moon phase
最新記事
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
QRコード
QRコード