季節は巡り 世代は変わる

 
af204c631d351093adfd47150f5d7a2a_convert_20160630233741_20170316134432ce9.jpeg 

決まった訳ではないけれど
今度は大阪の義姉の夫が入退院を繰り返している風でして・・・
85歳になると記憶をしてます。もしかして「今度は
駄目かもしれないなぁ」と夫がポツリ。

心臓が悪く「入退院を繰り返していた」という義兄でしたが。
私が知っている頃からは ずっと足を引きずって
腰を気遣いながら歩いていました。

病気になって 我儘になり義姉は毎日 気苦労が絶えないのだとか。
加えて世話が大変なよう・・・

子供のいない義姉夫婦のこと
夫は末っ子でもあって「何れは彼らのお世話が待っているかも」と
感じていました・・・ 案の定 義姉には頼りにされてる様です。ここへ来て 
時間の経過が、とっても早く感じます。

お世話して お世話をされて、皆が一度は通る道。





そして数日前から娘は気管支炎をこじらせたのか
電話をするとずっと咳が止まりません。
良くない二ユースばかりです。

大阪へ私はともかく アルジ殿は何時お呼びがかかるか?
順番だからと思いつつ 毎日ヒヤヒヤしています。



  
 456-tiriayamemini_2017042102263469b.jpg


いずれ 自分の番もくる。
後悔なんて無い様に、人生 生きていたいもの・・・
が、中々これが 難しいんだね。

スポンサーサイト

納骨予定が5月と決まり・・・

 

0292-160x160_201704152243548c7.jpg 

鬱陶しい日が続きます。
しばらくの間 音沙汰の無かった母の件・・・
今回は叔母さん経由で電話があった。 その晩にポストにあった
妹からのハガキです。納骨の日が5月中半と決まったそうな。

お墓参りも久しぶりだし今回ばかりは行って来ようと
決めている。それというのも、80歳を超えている叔母に暫くぶりに会えるから。
そして彼女は今までの、実家の経緯を知りたいと申していますよ。
それはそうだよ知らぬ間に、自分の実家のお墓が無くなった
などと聞かされたならビックリ仰天する筈ですから。

私も勿論知らぬ間に・・・数年前にアルジ殿と出掛けて行った
 お墓参りで「墓石が無くなっている」と気がついて、慌てて叔母に
電話をすると 彼女もビックリしてました。

我が家の実家は「変な人の集団だ!」と思ってましたが
先祖代々続いたお墓を 誰にも内緒で処分したのは母と妹。
まさに その一言につきますね~、感心している場合じゃないけど。






のんびり小路ライン 



気の進まない「お出掛け」ではある納骨だけど
一度は行かねばならないし・・・、化けて出られちゃ困るから。 (@_@)
叔母と行くなら つもる話も出来ると言うもの。
取り敢えず「東京駅の東海道線ホーム」中央付近で待ち合わせ。
東京駅から藤沢までは 一時間弱・・・
叔母と会うのは楽しみですよ~ ♪


近頃 ヒールの靴は履けない為に 喪服に合わせた
黒い靴など買わねばね。靴ずれのしない革靴でない安いモノ。 (;´Д`)
この先は履く事なんて無いでしょうから・・・

義父母は疾うに見送って この先は喪服を着るなど全く
考えてなんていませんでした。一ヶ月近く先の事だし人の心配する前に
自分の心配しなければ! とほほ。

人間は死んだ後にも 人のお世話になるんだね。
篤と頭に入れておこっ!

妹夫婦に ご苦労様と

 
4-6sakurasou_convert_20170322115421.jpg  

三日の晩に 妹からの電話があった。
「亡くなった母のお別れ会を滞りなく済ませた」という報告でした。

4人の叔母は皆さんさすがによいお年・・・ 軽い?痴呆の叔母もいれば
年齢的にも住んでるところも、色々あって、来られなかったそうですが、
結局 実家の後を継ぐはずであった亡くなった妹の
夫とその子供(姪っ子)が出席との事。

僅か数人でのお見送り・・・とは母らしい。

私と言えば夫にも 息子も娘も
出席せずに「後で後悔しないのか?」と言われたものの
どうしても出掛ける気にはなれなくて、知らせてもらったその場所を
ネットで調べてみたけれど 結局出掛けず終いとなった。

仕方がないね、心というのは
厄介なもの。許せないものは死んだとしても
許せない。それだけ深く刻み込まれてしまったのだから。

母の死で其れなりの事はあると思うが
 それでも二人の妹夫婦にお世話になった。色々な事が
ありましたけど、それを言ったらお終いだから・・・




thumb_20150122191012_54c0cc847aa01_20170404002308d5c.png



桜の季節に 90歳で往った母。
そのくらいは覚えておいても良かろうか。

後は納骨・・・
結局 菩提寺である「真言宗」の、実家の近くに位置する所の
お寺さんへと合祀をされる事となる。

南無大師遍照金剛 合掌

90歳で逝った母

 

135-hana_convert_20170324180545.jpg 


29日の水曜日、娘といつもの病院へ・・・
一ヶ月ぶりの通院なのに両足の膝から下が痺れる感じ。
体を横にしていたり、楽な姿勢をとってる場合は何ともないので
結構 気楽に構えたりして、が徐々に病に蝕まれている気配かな?

近頃不安になってきて あくる日、散歩を始めたばかり。

その日の晩の午後8時頃 電話が鳴って、大津に住んでる妹からです。
母が入院していた病院からのお知らせで、「息を引き取りました」と連絡が
入ったとの事。早速 知らせの電話であった・・・


私達3人姉妹は、母にはすっかり振り回されて生きて来た。
子供のころには「親ってこんなモノなのか?」なんて思いつつ、が
自分が家庭を持って、子供を育てている内に「あの人、なんて人だったのか?」
と、妹たちも其々が思うようになってきた。という訳でした。




thumb_20141017095508_544068ec831fe_20170319192411287.jpg   


妹たちも母との葛藤抱えつつ、跡継ぎであった妹は
とうとう “心の病”で 自宅のビルから飛び降りて・・・


その後、母の最後の世話は
末の妹が受け持って?いた。同じ団地の向いの棟に母の実の妹が
住んでいたとはいうものの、ここ数年間? 妹は「大津と東京間」を
新幹線で行ったり来たりを繰り返していた。

祖母が亡くなった時は勿論の事、酷い父ではあったけど
その死には涙が止まらなかった事を思えば、この母の死は何なのか?
全く何も感じない!・・・末の妹も ただ淡々と死後のお世話を
している様で、あんな親にはなりたくないね。

葬式は無く、母の妹たちである叔母さんたちと
「お別れ会」をするのだそうだが、私はきっぱり断った。

後悔などはしていない。けれども 何とも嫌~な感じ。




パスワードの変更です!


12-4-yjimage-mini_20170313190950e5c.jpg
 


以前我が家で育てていたのと同じ種類の?
クリスマスローズ。気に入らないのは葉っぱは硬くて
うつむき加減に咲くものだから開いた花が見難い所・・・
それと夏越しが とても大変でした。我が家は西日が当たるので
この手の花や、シュウメイギクなど暑さに弱い花などは
夏越し出来ずに枯れてしまうのが毎年のこと。


さてさて少し前から Fc2よりパスワードの変更を何度も要求されていて
暫らくスルーをしていたものの、そろそろ限界・・・
新しいものに変更しました。

ひょっとして・・・と思っていたら的中し
最近取り込み慣れたばかりのスマホのアプリ、敢え無く消去となりました。
仕方がないので又々 一から出直しですわ!
さすがに今度は簡単でしたが。 (*^^)v



150-57368625_220x220_convert_20170313185022.jpeg 


一年ちょっとでパスワードの変更するなど何だかなぁ・・・
近頃は基本は変えずに、前後を変えるという方式?に。
忘れる前にすかさず スマホへインプット。
リマインダーが大活躍です。

さ~てと、暫くこれで誤魔化せる??? (^_-)-☆



儚い夢となりにけり~~ (;´Д`)

         IMG_0138.jpg 

                         IMG_0367.jpg 

今に思えば一昨年になってしまったかもね?
病院帰りに時々立ち寄る呉服屋さんで、一目ですっかり気に入った
雪輪文様に似ている着物と、落ち着いた柄の“京袋帯”・・・

欲しい! 欲しい! と思いつつ
当時私は 膝関節に痛みを感じて整形外科へ通っていました。
後に 脊柱管狭窄症と診断されて愕然とした。

それで着物の事はすっかり忘れていましたが
今回写真の整理をしようとピクチャー画面を開いてみると
当時呉服屋さんで写真を撮って持ち帰ってきた この写真・・・
あの頃の事が思い起こされ、捨てる事が出来ないでいます。

「ならばブログに残しておこう」と思い立ち
こうして記録としましたが、ある意味 夢かもしれないけれど。
これで少しは諦めもつき 気が晴れたかも?




垣根と小鳥ライン 



買ったところで この所、出掛ける先など滅多になくてタンスの奥に
しまい忘れて悲惨なことになりそうな・・・
私の人生どうせ こんなもんだわよ!

             

やっと手にした腕時計 ♪

 
a0330_convert_20170303042214.jpg 


“桃の節句”でありますからにブログでも ひな人形を飾りましょ。
気分だけでも華やいで・・・ (^^♪
雛の節句もいいものなんだわぁ、大人になって日本の行事に魅かれます。

抹茶のひとつも点てたいところ。ごめんあれ〜〜 (^_-)-☆

さてさて病院帰りの水曜日には時計屋さんへ立ち寄って
が、以前と同じ時計は無くて、ネットで探していたものと同じ腕時計を
バッチリ手に入れましたです。 ラッキー!
全てが希望通りに・・・と その様な訳にいきませんけど、
「使っていると愛着が湧く」というものね。


IMG_1377.jpg


この画面からはチョット分かり難いと思いますけど
文字盤が薄っすら淡いピンク色・・・とてもシンプル、プレーンな形。

今までよりも一回り程 大きくなって眼鏡が無くても何とか この目で読み取れそうです。
ただ一つ、心配なのは夏になったらこの金具、痒みが出ないか
心配なんだわ。近頃 金属アレルギー。


Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

そらまめ

Author:そらまめ
日々の出来事 移り変わりを日記代わりに書いてます。
趣味で始めた園芸も今ではチョッとしんどくて・・・。
書いている内に記録にもなり今では便利な日記帳。
時には思い返すと懐かしい!
(こちらは「リンクフリー」です、宜しくどうぞ)

こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
相田みつを美術館
マウスにじゃれるよ!!
今日の月齢
Today's Moon phase
最新コメント
にほんブログ村
にほんブログ村
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
QRコード
QRコード
最新トラックバック